缶コーヒーは日本生まれ!?あの有名メーカーが世界で初めて開発!

こんにちは、ボクです。

コーヒーが大好きな僕にとって、
忙しい時でも、外出先で気軽に飲める
缶コーヒーは、最早なくてはならない存在です。

僕が生まれた時には、
もう既に世に陳列されていた「缶コーヒー」。

一体いつから飲まれているのでしょうか?

リサーチしてみると…

その発祥の地は何と日本!
日本では有名な、あのメーカー
世界で初めて発売したのでした。

スポンサーリンク

1969年 世界初!缶コーヒーの誕生

日本のコーヒー文化は、
主にアメリカの影響を強く受けています。

今や、カフェや喫茶店では、ブレンドの他にも、
必ずアメリカンが置いてありますよね!

現在人気のスターバックスやタリーズも、
アメリカの流れをくむくむ、シアトル系のカフェの1つです。

…となると、缶コーヒーも当然アメリカ発!!
っと、なりそうなものですが・・・

実は、缶コーヒーを最初に開発したのは、
何と日本人なんです!!

世界初の缶コーヒーを開発したのは…
UCC上島珈琲の創始者、上島忠男 氏です。

1969年4月に発売し、
翌年の大阪万博で話題になったことで
人気に火が点いたとのこと。

なんと、発売当時は、
缶コーヒーを買うと付いてくる、
付属の缶切りで穴を開けて飲む!
という奇抜な飲料スタイルでした(笑)


出典:360@旅行ナビ

なんともシュールな飲み物ですねw
こういうの僕は大好きですww

あぁ、なんだか急に、、、

UCCの甘〜いロング缶が
無性に飲みたくなってきました(^ω^)

スポンサーリンク

日本のコーヒームーブメント

ここでちょっと日本のコーヒーシーンについて、
すこしだけ振り返ってみましょう。

缶コーヒーの生誕から、更に遡ること70余年・・・

コーヒーが日本に上陸したのは
江戸時代と伝えられています。

1988年には東京の下谷で、
日本最初のカフェ「可否茶館」が産声をあげました。

現在は跡地に記念館が残っているのみですが、
このカフェがきっかけで、明治時代の中頃、
後期には続々カフェが開店して、
コーヒーが日本人にとって、
徐々に身近な存在となっていったようです。

ちなみにですが、、、

実はインスタントコーヒーを発明したのも、
日本人が最初なんです!

1899年に加藤サルトリ博士
開発に成功しましたが、
実際に開発する特許は取りませんでした。

いやー、日本人の探求心!
本当に素晴らしいものがありますね!

まとめ

こうして振り返ってみると、、、

「たかがコーヒー、されどコーヒー」

コーヒーへのこだわり1つとっても、
その情熱は計り知れません。

もちろんそこには、
長ーい歴史と文化が織りなす”探求心”がありました。

イノベーションを生まない人種。。。

なーんて、最近では世界的に
言われて久しい日本人ではありますが、
ボクはまだまだ日本人の可能性を信じています!

昔から、開発力はあっても…
マーケティングが苦手な日本人。

そんなイメージを払拭するべく、
まずは己自身から、、、

今の僕にできること。

遊び心や探求心を常に忘れず、
楽しみながら創意工夫を徹底して、
情報発信をしていけたらと思います^^

スポンサーリンク

ボク独自資産コンサルタント

投稿者の過去記事

遠路遥々、このような秘境の地までお越しいただき、ありがとうございます。

独自資産コンサルタントの
ボク(性別:男)と申します(´∀`ゞ

一人称、そしてペンネームが共に「ボク」なのは、
少年時代好きなことに夢中になって野山を駆け回り、
頭を空っぽにして心の底から友達と笑い合えた日々…。

そんな毎日が楽しかった"あの頃の思い出"を、
童心に返って今の生活に重ね合わせているからです。

基本的に目立ちたくはないため、
現在は、自社(法人)で借り上げた
都内の「マンションの一室」で、
トレードと情報発信をしながら、
ひっそりと引きこもって生活しています。

まさにボクだけの秘密基地です! (`・ω・´)キリッ

・好きなことに没頭し、時間を忘れ、ふと気づけば日が暮れている。
・目にするもの、体験すべてを心の底から楽しめたセピア色の思い出。
・心穏やかに明日を心待ちにするワクワクする毎日。

あなたもそんな懐かしの日々を取り戻してみませんか?

ピックアップ記事

  1. ど~も!ボクです。先日、ある日突然、急にドラえもんの映画が見たくなり、深夜に…
  2. さて前回は、なんとなーくぼやっとしていた労働収入と権利収入(資産収入)その定義を、し…
  3. さて前回は、パブロとブルーノの物語を通して、労働収入と資産収入の違いを学びました。⇒…
PAGE TOP