【コーヒー豆知識】個性豊かなフレーバーの種類を知ろう!バリスタ並に味の違いを表現する方法

flavor

どうも!ボクです。

コーヒーの味は、千差万別。
一つ一つの豆に、なんとも言えない個性があり、
魅力があります。

その味は、なかなかに複雑で…
豆の産地はもちろんのこと、
焙煎度や抽出方法によっても、
その味や風味が微妙に変わってきます。

実に100種類以上もの味覚成分を含むコーヒーは、
その味の違いを表現するだけでも一苦労。

それに加え…
コーヒーにはとてつもない数の品種があり、
それぞれに味も香りも違うわけです。

コーヒーのプロであるバリスタ達は、
一体どうやってこうした豆の特徴を
上手く表現しているのでしょうか?

今日は、バリスタをはじめ、
その道のプロが味の違いを区別するのに
最も重視する”フレーバー”を紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーの個性はフレーバーにあり

フレーバーは、プロであるバリスタが、
豆の特徴を表現するのに用いられる手段です。

バリスタは、コーヒーの風味を
フレーバーで捉えてるんですね!

「コーヒーの香りと味の総合的な印象」
といった、ちょっと抽象的なものは、
やはり到底言葉では説明しきれないので、
比喩表現を使うわけです。

以下に、いくつか代表的なフレーバーを挙げてみます!

スポンサーリンク

主なフレーバー一覧

フレーバーは大きく分けて、
フルーツ系とナッツ系の2つに分類出来ます。

coffee-flavor

まるでソムリエ!バリスタが行うカッピングとは?

これだけ色んな種類のフレーバーがあると、
品質を客観的に評価するのは、相当難しそうですが、、、

そこはやはりコーヒーのプロである、バリスタ!

カッピングという手法で、
華麗なまでにコーヒーの味や香りを
フレーバーとして選別していきます。

ワインで言うソムリエのように、
口に含んでテイスティングするんですね!

あぁ…いよいよここまでくると、
プロの凄みをヒシヒシと感じます。

コーヒー職人・・・バリスタ。

なんかカッコイイ響きですね!やっぱり(^ー゜)ノ

 

まとめ

フレーバーと一口に言っても、その種類は
食品や草花など100種類以上の表現方法があるといいます。

お酒やフルーツだけでなく、
お花やチョコレートの風味が感じられることさえ
あるのだとか。。

そう考えると…

そのすべては知らずとも、
それぞれのフレーバーの違いに注目すれば、
コーヒーを味わう楽しさはグッと増すはずです。

色んなコーヒーを試す際には、
ぜひフレーバーを意識して、
ほのかな風味の違いを感じてみてはいかがでしょうか?(^^)

スポンサーリンク

ボク独自資産コンサルタント

投稿者の過去記事

遠路遥々、このような秘境の地までお越しいただき、ありがとうございます。

独自資産コンサルタントの
ボク(性別:男)と申します(´∀`ゞ

一人称、そしてペンネームが共に「ボク」なのは、
少年時代好きなことに夢中になって野山を駆け回り、
頭を空っぽにして心の底から友達と笑い合えた日々…。

そんな毎日が楽しかった"あの頃の思い出"を、
童心に返って今の生活に重ね合わせているからです。

基本的に目立ちたくはないため、
現在は、自社(法人)で借り上げた
都内の「マンションの一室」で、
トレードと情報発信をしながら、
ひっそりと引きこもって生活しています。

まさにボクだけの秘密基地です! (`・ω・´)キリッ

・好きなことに没頭し、時間を忘れ、ふと気づけば日が暮れている。
・目にするもの、体験すべてを心の底から楽しめたセピア色の思い出。
・心穏やかに明日を心待ちにするワクワクする毎日。

あなたもそんな懐かしの日々を取り戻してみませんか?

ピックアップ記事

  1. ど~も!ボクです。先日、ある日突然、急にドラえもんの映画が見たくなり、深夜に…
  2. さて前回は、なんとなーくぼやっとしていた労働収入と権利収入(資産収入)その定義を、し…
  3. さて前回は、パブロとブルーノの物語を通して、労働収入と資産収入の違いを学びました。⇒…
PAGE TOP