珈琲で有名な街”清澄白河”のブルーボトルコーヒーとオールプレスエスプレッソに行ってきた!

coffee1

今日は、なにを隠そう「文化の日」。

「日本人ならば…自然と平和を愛し、
身近な文化を身をもって称えねば!」

…と、誰から見てもあからさまに
薄っぺらい理由を掲げたボクは、(笑)
貴重な祝日を使って、珍しくお出かけを決意!

“文化的活動”という
あまりにもペラッペラな目的を身にまといながらw
お散歩がてらに向かった先は、
珈琲タウンとして有名な“清澄白河”という街なのでした。

スポンサーリンク

「新コーヒタウン」清澄白河という街

みなさんは清澄白河という街をご存知ですか?

僕は最近まで全く知りませんでしたww

まぁ、それもそのはず。

実は、清澄白河が”コーヒータウン”として
有名になったのは、どうやらつい最近のようなのです。

というのも、この清澄白河。
元々は、アートの下町として親しまれてきました。

昔から、『現代美術館』などが設立されたことで、
近郊からサブカル好きが集まり、
ギャラリーを中心としたアート街としては有名でしたが…

華やかな観光地らしい売りがあるわけでもなく、
どちらかというと…いわゆる一般的な人にとっては、
積極的に訪れるような魅力的な場所とは言えませんでした。

勿論、今のように、
お洒落なカフェや焙煎所なんて見る影もありません。

では、なぜそんな街が、
コーヒータウンとして有名になったのか?

実は、そのきっかけになったのが・・・

2014年、清澄白河に日本初上陸した…

『ブルーボトルコーヒー』

の出店なんです!

スポンサーリンク

コーヒー界の“Apple”ブルーボトルコーヒーとは?

ブルーボトルコーヒーは、
コーヒー界の“Apple”と呼ばれるほどの
熱狂的な信者を持つ、世界的に有名なカフェです。

味や香りはもちろんですが・・・

海外各地から届いた豆を厳選してセレクトし、
それを積み上げた倉庫の中であえて販売する(中が見える状態)
という、目で見て、感じて、楽しめるスタイルが特徴的です。

大きな焙煎機で煎られる豆を見ながら、
バリスタたちが入れるコーヒーを飲める空間は、
他にはない至福の時間をもたらしてくれます。

清澄白河を一号店に選んだ理由は、
アメリカの本社があるカリフォルニア州
オークランドの環境に似ているからだそうです。^^

祝!ブルーボトルコーヒー初来訪!

img_9080
というわけで、前々からぜひ一度行きたかった、
ブルーボトルコーヒー!遂に来ちゃいました!!ヽ(*^ω^*)ノ

いや~、さすがに入り口からして超おしゃれ!
道行く人たちが、この店の前を通る度に
振り返るほどの目立ちっぷり!!

否が応にも期待が高まります!

「よしっ!入ろう♪」

っとワクワク♬して近づいていくと・・・

建物の横(写真右側)には、
まさかまさかの死角となった駐車場スペースに、
既に心を折りかねない程の長蛇の列が・・・。笑

だがしかし!ここでめげては…男が廃る!

男らしい一面もないのに
平常心を装って、張り付いた笑顔のポーカーフェイスで
イイ子に並んできましたよ!

心の底では、激おこぷんぷん丸カムチャッカファイヤー!です。

えっ?イライラしてるって??
そ、そんなことないですよ!

器の小さい男を、どうぞ蔑んでください。(泣)

さて、気を取り直して、いよいよ中へ♪
img_9068
おお!なんか思ってたよりも工場チックw
でも、香しいコーヒーの焙煎される薫りが、
何とも言えぬ癒しを与えてくれます (*´ω`*)

img_9069
う~ん…照明1つとっても、実にオサレ。

店内には、イートインスペースも多少あって、
(テーブル席がいくつか)
一応中でも飲めるようですが・・・

これだけ並んでいる人がいると、
ちょっとゆっくりとはくつろげません。。。

いそいそとテイクアウトを決め込み、
念願のご注文へ……。

メニューは何にしようか迷いましたが、
ブルーボトルと言えば、まずはハンドドリップ!!
img_9070
↑というボクの見事なまでの意味不なこだわりによりww
「ブレンドコーヒー」をテイクアウトしました!

…で、肝心のお味なのですが・・・

コレ…べらぼうに、うめぇ~!!!

…すみません、取り乱しました。

でも、ほんと美味!

ちょっと酸味が濃くて、
ほんのりとフルーティーな薫りを感じました♪

よくチェーン店でありがちな、
特有の「水っぽさ」がなくて深~いお味です。

これはおそらく、コーヒー豆本来の香りを
損なわないよう、ごく浅煎りにしているからだと思われます。(推測。)

う~ん♬香りが引き立って、ホントこれは好きな味!

いやね…ぶっちゃけ実際飲んでみるまでは、
さすがにちょっと意識高い系なとこがあったわけですよww

わざわざ清澄白河まで来て、
有名なコーヒー飲む俺って素敵♪みたいな(笑)
↑超キモイw

でも、一口飲んだ瞬間に、
なんというか「来てよかった!」感があったんです!
一時でも「文化の日」に、「文化人」を気取れたんです!

あぁ・・たまには山奥に引きこもってばかりいないで、
カフェや街に出向くのもいいもんだなってw

ボクには珍しく、
非常にアクティブな充実したひと時でした。

スポンサーリンク

勢いあまって”オールプレスエスプレッソ”へ

この後、気をよくした僕は、
調子に乗って、柄にもなくカフェのはしごに挑戦です!

なんと…ここ最近オープンしたばかりの、
オールプレスエスプレッソにも行ってきました♬
img_9062

こちらもかなりのお洒落感!
落ち着いた雰囲気で、大人のカフェな感じです。
img_9061
↑店内は、ブルーボトルコーヒーと同様に
ガラス張りの焙煎室が見渡せるつくりになってます!

お客さんの客層も、
若い女性や仕事のできそうな男性が
かなり多かった気がします。(完全に憶測w)

席数自体は非常に少なく(テーブル席が2つ程度)
どちらかと言えば、テイクアウト専用ですね。
img_9063
↑豆の種類も4種類ほど取り揃えられていて、
好みによって選べる楽しみもあります♪

ボクは今回、初回ということで…
(ブルーボトルで一杯やってきたのでw)
店名にもなっている”エスプレッソ”を注文!

しかも、調子に乗ってダブルで!!

お味の方は、エスプレッソなので
濃厚としか表現しずらいのですが・・・笑

かなり苦みのエッジのきいた、
とってもキレのある飲み口でした。

 

最後に・・・

なんだか単なる日記を綴ったつもりが、
とんでもない長編日誌に…。(失笑)

でも、こうして旅記録を書いてみると、、、

もう一度あの瞬間の芳香な”味”と”香り”が
甦ってきて、本当に楽しい気分にひたれました(*^^)

たまには日記記事も良いもんですね!

P.S.
この日、ダブルエスプレッソの影響で、
深夜3時まで眠れなかったのは、ここだけの秘密です。

スポンサーリンク

ボク独自資産コンサルタント

投稿者の過去記事

遠路遥々、このような秘境の地までお越しいただき、ありがとうございます。

独自資産コンサルタントの
ボク(性別:男)と申します(´∀`ゞ

一人称、そしてペンネームが共に「ボク」なのは、
少年時代好きなことに夢中になって野山を駆け回り、
頭を空っぽにして心の底から友達と笑い合えた日々…。

そんな毎日が楽しかった"あの頃の思い出"を、
童心に返って今の生活に重ね合わせているからです。

基本的に目立ちたくはないため、
現在は、自社(法人)で借り上げた
都内の「マンションの一室」で、
トレードと情報発信をしながら、
ひっそりと引きこもって生活しています。

まさにボクだけの秘密基地です! (`・ω・´)キリッ

・好きなことに没頭し、時間を忘れ、ふと気づけば日が暮れている。
・目にするもの、体験すべてを心の底から楽しめたセピア色の思い出。
・心穏やかに明日を心待ちにするワクワクする毎日。

あなたもそんな懐かしの日々を取り戻してみませんか?

ピックアップ記事

  1. ど~も!ボクです。先日、ある日突然、急にドラえもんの映画が見たくなり、深夜に…
  2. さて前回は、なんとなーくぼやっとしていた労働収入と権利収入(資産収入)その定義を、し…
  3. さて前回は、パブロとブルーノの物語を通して、労働収入と資産収入の違いを学びました。⇒…
PAGE TOP