個性的な人ほど長所や短所が才能に!世界の偉人たちに学ぶ強みの活かし方

belive-in-yourselt

世の中には、「天才」と呼ばれる
偉人たちがいます。

政治、芸術、スポーツ、科学…

皆、それぞれジャンルは違えど、
自らの才能を武器に、
その時代を駆け抜けた英雄たちです。

彼らは一見、生まれ持った才能を存分に活かし、
労せず成功したかに見えます。

が、しかし…

実際のところは、
そう単純な話ではないようです。
↓↓↓
※それでも諦めなかった偉人たち
エピソード集はこちらをクリック!

スポンサーリンク

出る杭は”打たれる”どころか”潰される”

世界の偉人たちのエピソードを知ると、
必ずと言っていいほど”人から非難された
経験を持っています。

僕らが住む日本ではお得意の足の引っ張り合い…
「出る杭は打たれる」環境は、日本独自のもの
かと思っていましたが、実は他国に
目を向けてみても、そう変わりはしないようです。

常識という名の【鉄槌】が大好きな一般人

人は、自分とは違った強烈な「個性」、
「価値観」を目の前にすると、激しく戸惑います。

自分との違いに違和感を覚え、
「避難」や「攻撃」をすることで、
自らを正当化し片付けようとするのです。

尖った「才能」や、
キラリと光る「個性」といった目立つ部分は、
誰かしらが忌み嫌い、大概潰されます。

普通、平凡、常識が”全て”の一般人は、
新たな”種”が周囲に撒かれるのを激しく嫌います。

彼らは、無難に波風立てず暮らしたいので、
秩序を乱すカオスの”芽”を根こそぎ踏み潰すのが大好物なんです。

あなたも過去に、身近な人から
「非難」された経験がありませんか?

スポンサーリンク

短所こそ個性!個性こそ才能!!

僕は昔から、結構理屈っぽいと言われます(笑)
それはもちろん自分でも意識しているですが…
どうしても腹の底から論理的に腑に落ちないと、
納得できないタチなんですよねww

だからあらゆる点で疑ってかかったり、
物事を様々な視点から見て例えたり、
関係ない事象を結びつけて理解したり、
結構こじつけが激しいんです。。。
(ちゃんと考え抜いた上での発言なんですけどね…)

で、これってまぁある人にとっては、
「うわ〜、こいつ面倒くせー!」
ってなるわけなんです。

「ま〜たわけわからん、屁理屈が始まったよ…」

みたいな。

まぁ確かに屁理屈と言われると、
グゥの字も出ないわけですがw…

でも、良いか悪いか別にしても、
それは個性なわけです。

それも、ある人には短所であるこの個性も、
中には共感してくれる人(馬の合う人)も
世の中には一定数います。

僕はこれまで、この理屈っぽいところで、
大変な苦労もしましたが…
親友とも言える人と出会えたのも、
このブログで色んな視点から記事が書けるのも、
実際は、この個性おかげだと思っています。

で、こうした僕の個性は、
「強み」という観点からすると、、、

専門的には「着想」という強みに分類されます。

※シグナルファインダーという
web診断テスト(有料)を受けると、
自分の強みが把握できます!
↓↓↓僕の「強み」はこんなんでした。
strengths-finder

要は、アイデアを出すのに必要不可欠な、
何かと何かを関連付けて考える力が「着想」です。

だから僕にとっては、
「理屈っぽい」のも、「こじつけ」も、
立派な個性であり、「強み」なんです!

他人が評価した短所は、
実はボクの長所でもあり、個性なんですよね!

冒頭にも紹介した、
リンク先の格言にもあったように…

短所というのは、所詮他人の評価に過ぎません。

短所こそ個性!個性こそ才能!!なので、
それを信じて自分を認めれば、必ずや才能は開花します!!!

あなたもぜひ、身近な人に非難され…
「自分なんか…」と卑屈になっていたことを
思い返してみてください。

もしかしたら、それがあなた本来の「才能」
なのかもしれません!

過去の偉人たちも、最初はもれなく
自分を信じるところから始まりました。

そしてその想い、信念が実を結び…
「誰かが自分の才能を信じたこと」がきっかけで、、、
世界は豊かになっています。

才能に気づくのに遅すぎることはありません。

ぜひ、今からでもこの機会に自分の才能や、
強みを見つけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ボク独自資産コンサルタント

投稿者の過去記事

遠路遥々、このような秘境の地までお越しいただき、ありがとうございます。

独自資産コンサルタントの
ボク(性別:男)と申します(´∀`ゞ

一人称、そしてペンネームが共に「ボク」なのは、
少年時代好きなことに夢中になって野山を駆け回り、
頭を空っぽにして心の底から友達と笑い合えた日々…。

そんな毎日が楽しかった"あの頃の思い出"を、
童心に返って今の生活に重ね合わせているからです。

基本的に目立ちたくはないため、
現在は、自社(法人)で借り上げた
都内の「マンションの一室」で、
トレードと情報発信をしながら、
ひっそりと引きこもって生活しています。

まさにボクだけの秘密基地です! (`・ω・´)キリッ

・好きなことに没頭し、時間を忘れ、ふと気づけば日が暮れている。
・目にするもの、体験すべてを心の底から楽しめたセピア色の思い出。
・心穏やかに明日を心待ちにするワクワクする毎日。

あなたもそんな懐かしの日々を取り戻してみませんか?

ピックアップ記事

  1. ど~も!ボクです。先日、ある日突然、急にドラえもんの映画が見たくなり、深夜に…
  2. さて前回は、なんとなーくぼやっとしていた労働収入と権利収入(資産収入)その定義を、し…
  3. さて前回は、パブロとブルーノの物語を通して、労働収入と資産収入の違いを学びました。⇒…
PAGE TOP