女性が抱えるお金の悩み…大好きな理想の自分のままで稼ぐ方法とは?

worried-girl

はじめまして!
ボクです。

実は今日この記事が初の投稿ということで、
勝手に緊張しております(笑)

何を書いたら良いやらなかなか筆が進まず、
完全にチキン状態になっていたところです・・・・\(^o^)/オワタ

初テーマは何がいいか大変悩みましたが・・・

今日は最近、ちょっと気になった、
「女性とお金」の関係性について語ろうと思います!

少し長くなりそうなので、
気楽に読み流していただければ幸いです(^^)

スポンサーリンク

女性の存在が身近になった日

僕は、小さい頃から男3兄弟という
とても”男臭い”家庭環境で育ちました。

家族は全員が体育会系。
とにかく女っ気が全くない環境だったので、
中学に上がるまでは、女性に全く免疫のない
よくある典型的なシャイボーイでした(笑)

しかしその半面、何故か人生のそれ以降は、
「女性」とは常に深い縁があって、モテまくり!
(哀しきかなモテ度とは関係なしw)
周りに女性が多くいる環境に置かれることが、
非常に多くなったのです。

高校時代は、学校が元女子高だったこともあって、
女子は男子の2倍以上も生徒が居ましたし…

大学時代は、短大とキャンパスが一緒だったので、
サークル仲間は女子だらけでしたし…

社会人になってからは、
オペ室(手術室)の看護助手をやったことで、
ナースに囲まれて働いたりもしていました。

最近では、僕の師でもある音楽プロデューサーから
コンサルを受けた仲間たちが、
1人を除き、全て女性であったりと…

現在の引きこもり生活からは、
ちょっと想像し難いのですが、、、笑
女性の友人が非常に多いことに気がつきました。

スポンサーリンク

将来の不安を口にする女性たち

これまで僕は、そんな環境もあってか、
仕事からプライベートまで、
色んな女性と関わってきたのですが、
その中で悩みを打ち明けられることが多々ありました。
(ちょっと感性が女々しい女性寄り…悲)

その範囲は、プライベートから、仕事の相談まで…
実に様々でしたが・・・

実はある一点だけ、
話の中で共通していることがありました。

それは、皆「将来への不安」を口にする点です。

「あと1年で派遣の契約が切れる…」
「ダンナと離婚したいけど給料が…」
「子供に習い事をさせるお金が…」
「将来年金が貰えるかどうか不安で…」

そう、彼女たちは何らかの「お金の悩み」を
それぞれが感じていました。

はたから見れば、
素敵な高給取りの旦那さんがいて、
一見お金には不自由していなそうな友人の主婦も、
「夫の給料が上がらない…」
「会社でリストラが行われそうで…」

そう不安を口にする方もいましたし、、、

看護助手時代の周りの看護師さん達は、
とにかく体力的にも精神的にも厳しくて、
「ずっと続けていくことは出来なそう…」
「でも、将来の収入のことを考えると…」

そう口を揃えて悩みを吐露していました。

実際、トレーダーとして独立する前の自分も、
同様にお金の心配で一杯でした。

夢を追って独立したい気持ちとは裏腹に、
収入源がなくなってしまう恐怖から、
現状を変えるきっかけもつかめぬまま、
日々の暮らしに流され続けていたのです。

スポンサーリンク

ずっと消えない将来の不安の正体

では、なぜ僕たちは、
こんなにも将来を不安視するのでしょうか?
お金を求め続けてしまうのでしょうか?

それは、言うまでもなく、
幸せな人生を歩むためには、
最低限のお金が必要だと知っているからです。

お金がなければ、生きていけないからです。

特に女性からすれば、自分だけでなく、
子供という命を育て上げる為には、
リスクを避け、安定を求めるのは自然の流れです。
男性に比べ、不安があるのも至極当然と言えます。

また、例え今現在、
最低限の収入が得られている女性でも、
いつまで働き続けられるかは、誰にもわかりません。

体力的な負担、精神的なストレスは、
仕事によってまちまちですが、
歳を重ねるにつれ、その負荷が高まっていくことは間違いありません。

そうした「お金=労働」という価値観で、
心ががんじがらめにされてるかぎりは、
「一生死ぬまで働かなければ…」という脅迫観念と
常に闘い続けなければならないのです。

これは、男性にも言えることですが、
相当過酷な試練です。

スポンサーリンク

自分でお金を生み出す為に

では、そうしたお金の呪縛から
解放される方法はないのでしょうか??

子育てや家事で毎日忙しい専業主婦や、
それに加えて仕事まで抱えている兼業主婦には、
自分の時間すら持てないのでしょうか?

いや、そんなことはありません!
解決策はあるのです!

僕たちは決してお金のために生きているわけでも、
働くために生きているわけでもありません。

誰もが幸せになるために生きているのです!

お金の奴隷になって嫌々会社にしがみついたり、
妥協して好きな夢を諦めたりしてしまっては、
この先どんなに我慢し続けても、
決して心身ともに満たされる事はありません。
幸せはどんどん遠のくばかりです。

溢れる大好きな想いに蓋をして、
あなた本来の輝きを失ってしまっては、
元も子もありません。

もしあなたが、自分らしい楽しい人生を送るなら、
まずお金から解放されることが必要になります。

お金のしがらみから自由になりましょう!

「いつでも自分でお金が生み出せる!」

自らの経験から、そう自信が持てた時、
初めてあなたの魅力が輝き始めます。

僕は経済力も含めて、
周りや社会に依存しない姿勢こそが、
女性自らの能力を発揮し、
将来の不安を解消する唯一の方法だと信じています。

今後このブログでは、
今あなたが持っている本来の力を活かして、
真面目に頑張っている人こそが報われる、
そんな理想の方法論、ビジネスをお伝えしていきます!

スポンサーリンク

最後に・・・

あなたの前には、2つの道があります。

1つは、このまま将来に不安を抱えたまま
人生を歩む道。

もう1つは、これからの人生をもっと自由に
自分らしく歩む道。

どちらを選ぶのも自由。あなた次第です。

あなたの選ぶ未来はどちらでしょうか?
ぜひ、これを機に考えてみてください(^_-)-☆

ボク独自資産コンサルタント

投稿者の過去記事

遠路遥々、このような秘境の地までお越しいただき、ありがとうございます。

独自資産コンサルタントの
ボク(性別:男)と申します(´∀`ゞ

一人称、そしてペンネームが共に「ボク」なのは、
少年時代好きなことに夢中になって野山を駆け回り、
頭を空っぽにして心の底から友達と笑い合えた日々…。

そんな毎日が楽しかった"あの頃の思い出"を、
童心に返って今の生活に重ね合わせているからです。

基本的に目立ちたくはないため、
現在は、自社(法人)で借り上げた
都内の「マンションの一室」で、
トレードと情報発信をしながら、
ひっそりと引きこもって生活しています。

まさにボクだけの秘密基地です! (`・ω・´)キリッ

・好きなことに没頭し、時間を忘れ、ふと気づけば日が暮れている。
・目にするもの、体験すべてを心の底から楽しめたセピア色の思い出。
・心穏やかに明日を心待ちにするワクワクする毎日。

あなたもそんな懐かしの日々を取り戻してみませんか?

ピックアップ記事

  1. ど~も!ボクです。先日、ある日突然、急にドラえもんの映画が見たくなり、深夜に…
  2. さて前回は、なんとなーくぼやっとしていた労働収入と権利収入(資産収入)その定義を、し…
  3. さて前回は、パブロとブルーノの物語を通して、労働収入と資産収入の違いを学びました。⇒…
PAGE TOP